トラック運送業のドライバー確保「運送業界の未来を考える会」|名古屋市の中小製造業コンサルタントは【株式会社技術経営フロンティア】まで。

NEWS & TOPICS

トラック運送業のドライバー確保「運送業界の未来を考える会」

  • トラック運送業のドライバー確保「運送業界の未来を考える会」

2016/11/13

11月13日、神奈川県横浜市にて、株式会社エルエーシー様主催「運送業界の未来を考える会」の第3回勉強会が開催されました。

 

運送業界の未来を考える会では、ドライバー確保の有効な手段の一つとして「デザイントラック」のプロジェクトを展開しています。

トラックの荷台に地域PRや企業の社会貢献活動などのメッセージを描くことを通して、トラック運送業界全体のイメージアップと個々の企業における人員確保(とくにドライバー)を実現していく取り組みです。

 

トラック運送業界では、ドライバーの確保が重要な経営課題となっております。

地域や社会への産業貢献を通して「選ばれる企業」「誇れる企業」として優秀なドライバーを確保し、ひいては地域や社会への産業的貢献を実現していくためには、誠実な取り組みと地道なPR活動の積み重ねが欠かせません。

その意味で、デザイントラックの取り組みは極めて有効で確実な手段となり得ます。

 

デザイントラック・情報サイトへ

 

 

運送業界の未来を考える会・WEBサイト

 

 

【会に参加してきました】

実際に「デザイントラック」を導入している複数の企業・経営者にお話しを伺ってみましたが、求人に対する応募は明らかに増加し、自治体との連携や地元企業間での連携等の話も進むなど、具体的な成果が顕著になっていることが確かです。

こうした活動を継続していくことで成果を積み上げ、全国的な活動へと広げていくことが大切であると考えます。

 

ただ、一方で課題もあるでしょう。

デザイントラックの知名度が高まるのに合わせて、実際に道路を走行するトラックに対する世間からの注目度も高まります。こうした注目に耐えうるような、ドライバーの高度な運転技術、そしてプロフェッショナルな運転マナーを維持していくことが大切です。

また、求人への応募者が増えたとしても、会社の経営活動や業務の仕組みが伴っていなければ、応募者の期待は瞬時に失望へと変わってしまうでしょう。

人員の帰属意識を高め、会社に定着させていくためには、人的資源管理の仕組み(人事制度、育成システム、技能伝承)を整備し、適切に運用していかなくてはなりません。

 

「デザイントラック」といえば、確かな仕事、高い業務品質、安心感と信頼感。そんなイメージに直結するように、具体的な実績を積み重ねていくことが大切です。

 

☆☆☆☆☆☆☆

弊社は「運送業界の未来を考える会」の取り組みを支持し、強力にバックアップしていきます。

ご関心を持たれた方は、一緒に活動しませんか。ぜひお問い合わせください。

 

<< 一覧に戻る

mailform

Information

株式会社技術経営フロンティア

名古屋市のVE・中小製造業コンサルタントをお探しの方は【株式会社技術経営フロンティア】にお任せ下さい。中小企業の経営を手厚くサポート致します。ぜひお気軽にご相談・お問い合わせください。

  • 0120-631-591
  • mailform

pagetop