昨年度の相談案件実績について|名古屋市の中小製造業コンサルタントは【株式会社技術経営フロンティア】まで。

NEWS & TOPICS

昨年度の相談案件実績について

2017/03/19

昨年度(2016年3月1日~2017年2月28日)の弊社における経営相談受託実績を集計しましたのでご報告させていただきます。

1位 技能伝承

2位 生産計画

3位 5S管理

4位 社員育成プログラム設計

5位 営業支援

 

 1位の技能伝承については、技能を伝承していくための手段を導入します。弊社には技能伝承を成功させるためのプロセス設計にノウハウがあります。

 2位の生産計画については、計画主導の生産管理を行うことによってQCDを高め、生産性を上げていきます。

 3位の5S管理については、基礎力が備わっている工場にはさらなるレベルアップ策を、基礎力が備わっていない工場には基礎力固めの方策を提案していきます。

 4位の社員プログラム設計については、社員育成を計画的に行うことで、会社の必要とするスキルやノウハウを確実に形成していこうというものであり、競争力の源泉を築くことになります。

 5位の営業支援については、とくに経営の代替わり(親から子へ)の際に、将来の収益の安定性・成長性のために新たな事業の柱を打ち立てたい、というニーズに応えています。

 

その他の具体的案件としては、納期対策・製造リードタイム短縮、出荷業務の効率化、棚卸の業務設計・在庫差異対策、品質管理・不良対策、自社開発部門の設置検討、新事業開発支援、社員の採用・定着支援などがありました。

 

ところで、中小企業においては原価管理のニーズがあまりないように思います。

精度の高い原価計算・原価管理の仕組みを整備することで、見積もりの精度向上・迅速な見積り提示などの面で競争力強化ができます。中小企業においても原価管理の仕組みを取り入れていくとよいと考えます。

また、自社開発部門をもたない中小企業も大変多いです。大口取引先との関係を大切にしつつ、一方で将来の企業成長を見据えて自社開発製品を持つことも事業の方策として有効であると考えます。開発で成功するためには、開発プロセスをいかに設計し、いかに管理していくかがカギとなります。

 

社員の採用・定着管理については、今年から実践心理学の考え方を取り入れた新サービスを提供しています。

離職原因として必ず上位にくるのは、職場での人間関係です。新入社員や受け入れ側の社員・管理職の心の持ち方に問題がある場合もあります。

これらは経営学ではなく、心理学の中に答えがあると考えています。

 

<< 一覧に戻る

mailform

Information

株式会社技術経営フロンティア

名古屋市のVE・中小製造業コンサルタントをお探しの方は【株式会社技術経営フロンティア】にお任せ下さい。中小企業の経営を手厚くサポート致します。ぜひお気軽にご相談・お問い合わせください。

  • 0120-631-591
  • mailform

pagetop